Future Japan Report (FC2版) ホーム » スポンサー広告 » 中東・アフリカ »混迷するイラク情勢。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

混迷するイラク情勢。  

 先日、イスラム・スンニ派の武装勢力が「イスラム国」の樹立を宣言したが、これに制圧すべく組織したマリキ政権(シーア派)のイラク政府軍治安部隊が、同じシーア派の別の組織と交戦しており、40名を超える死者を出しているようだが、これに加えてマリキ政権としては、クルド自治区の独立への気運の高まりがあり、これらが並行して大きな問題となっている。他にも、早急に対応すべき難問が山積しているのである。
 こうした中でも、マリキ政権と同じ宗派であるところのシーア派の権威者二人シスタニ師とサルヒ師が、それぞれを支持する民兵組織が交戦するとなれば、まさにシーア派内部、あるいはまた、マリキ政権としても収拾がつかない状態になるのは必至である。

 この混迷を深めるイラクと国境を接するサウジアラビアも800kmに及ぶ長大な国境線に3万名の兵士を配置し、「イスラム国」勢力の侵攻に備えているようなのだが、そもそもサウジアラビアはスンニ派の大国であることからも、同じスンニ派である「イスラム国」武装組織が侵攻するとは考え難いところであるが、シーア派の武装民兵の侵攻は、今後の情勢を考えると想像を絶する展開がありそうなので、サウジアラビアとしても警戒を怠ることはできないであろう。

 こうした中、米国はイラク政府軍兵士の軍事訓練を支援するかたちで兵士の派遣を決めているが、米国のこの中東地域への関わりには慎重であって欲しいものである。米国の参加は、世界を巻き込む戦争になり得ることになりそうなのである。

 とりもなおさず、イスラエル空軍はパレスチナ住民との間でもきな臭い動きがあることも、同時に考えておかねばならないだろう。

 そこで筆者が訝しく思うのは、国連のこの情勢への関わり方が、全くといって良いほどにわれわれには観えて来ない、ということを指摘しておきたい。

(この記事を参照のこと)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140703/mds14070309460003-n1.htm
スポンサーサイト

category: 中東・アフリカ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kidman333ya.blog.fc2.com/tb.php/81-46bcc073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブロマガ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お得な生活情報

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。